どうしてわざわざ仕立てを解いて洗い張りするのでしょうか?

着物を洗い張りすると
さまざまな理由で当店に集まってきた染織工芸品たちは、
寸法が足りなかったり、また八掛けの色目が現在に
合わない場合があります。

それと、解いてバラバラにして端縫いするとまた1反の
反物に戻ります。
それを水と洗剤で綺麗に洗い、
ピンとはります。
そうすると、生地に艶がでて、潰れた生地もふんわりし、
よれた生地もピンと張り、横の糸もそろって
生地は再び生き返ります。




























きもの大長のトップページへ