最近のコメント
私のお店のホームページです  
月別

最上級の結城紬 なのに・・・・・・

131221_170638

 

 

 

 

 

最上級の結城紬を御紹介します。

見た目は、あっさりした渋目の結城です。

 

 

 

131221_170627

 

 

 

 

淡いグレー地に、黒等の絣。

この結城紬は、絣が最高に細かいのです。亀甲に直すと160亀甲に相当します。

ちょっと専門的でわかりにくいと思いますが、

とにかく、絣が細かい。

 

131221_170601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいので、絣を着ける手間が、非常に大変です。

使用される糸も 非常に細い糸が使われます。

何といっても、柄うんぬんより重要視されるのが、この糸の細さ

なのではないかと思います。

 

この糸は、機械ではなく、蚕の真綿を丁寧に、一糸一糸 手で紡がれた物。

空気を含んだ真綿の糸は、ほっこりとし軽やか。

通常の重要無形文化財の結城紬の糸の約半分の細さになります。

 

 

131221_170547

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反物を手にすると、その軽さに驚きます。

この結城は、その細い糸に撚りを掛けてある、「結城ちぢみ」といいます。

昭和50年~60年頃に織られたようです。

当時は、500万円~600万円の値段で売られておりました。

この値段は、手間を考えますと致し方ないでしょう。

 

タイトルの「最上級の結城紬 なのに・・・・・」というのは、

これだけの結城紬でも、重要無形文化財にはなっていないのです。

製作工程が原因のようです。

 

結城紬の重要無形文化財の指定条件は、

①手紡ぎ糸を使用する

②絣は手括りによる

③平織りで地機で織ること

の3つが条件ですが、この結城紬は

地色が薄い為、手で絣を括るのは無理なので、糸に染料を刷り込む 「摺り込み絣」

になるので、②の条件から外れ、

ちぢみ織りなので、③の条件にも外れており、

重要無形文化財に指定されておりません。

 

一般に「結城紬」というと、消費者も、小売店も問屋さんも「重要無形文化財」を

重要視してしまいますが、それを上回るこういう素晴らしい結城紬もございます。

現在は作られる事は殆どなく、今後は廃れていってしまう

技術なのかもしれません。

 

この結城紬は、古い着物を解き洗いしたものになります。

糊をおとされた柔らかな、本物のみが持つ味わいを触りにお越しくださいませ。

ちなみにこの結城のお値段は、仕立て上がって98万円になります。

 

 

by 山形は寒河江の「きもの大長」 おやじ

 
 
 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ       にほんブログ村

人気ブログランキングへ  ← お手数ですが、2つとも 「 ぽちっと 」 クリック、よろしくお願いします!

着物ブログランキングに参加中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ