大島紬は世界に多数ある絣のなかでも最も
精巧な絣です。



世界中には絣は多数あります。
タイのマットミー、インドネシア ジャワ島のイカット絣など他に
イタリア、トルコ、スイス、フランスやエジプトと世界各国で作られていた
歴史があります。
             
                 エジプトの木綿絣



そういった中で、本場大島紬の絣の柄の精巧さは、
他に類を見ない程精巧で緻密であります。

絣とは本来染める糸を、木綿糸などで括り防染し、括ってない部分のみ
染めるという極めて原始的な方法です。

                       
                                    久留米絣


                     

                       
                                     弓浜絣



日本に於いても、木綿の久留米絣、弓浜絣、琉球絣など様々な産地が
ありますが、精巧さでは、大島紬に勝る絣はないです。

絣には、手で括るという工程上、わずかな「ずれ」が出来ますが、
これが絣足といわれ、味わい深い部分となります。
「絣足」の味わいについては、それはそれで又深い物が
ありますので、ここでは割愛いたします。

大島紬に於いては、「ズレ」は一切なく、精巧無比の絣にて造られております。


          
  本場泥大島紬・龍郷柄


上の写真をご覧頂いて解るように、絣は非常に精巧で、4本の絣糸が
縦横にしっかり嚙み合い見事な柄を構成してます。



      


また、上記写真のように、柄が飛び飛びの大島の場合は
同じ絣構成の大島より、値段が高くなります。
 理由は、難が出やすい為と無地場を織る時、よほど注意しないと
柄の部分で絣がずれてしまう為、均一に織りあげるのは、非常に
辛苦であることでしょう。


大島紬に戻る
きもの大長表紙へ