大島紬は2度織る!?


締め機
大島紬の絣糸を作るための織り機で、方眼紙に描かれた図案
にあわせて木綿糸(ガス糸)に経または緯糸(材料になる絹糸)を織りこむことで手括りで
は到底出し得ない1ミリの狂いもない精巧な絣を作ることが出来るのである。1パターン
ごとに細かく絣を締めたものは「ムシロ」と呼ばれ、染色を経て木綿糸は解きはずされ
、絣糸が完成する。

木綿のそうめんのような太い糸で織り締められる為こう呼ばれております。

この締機の段階でも最後まで織られていると言ってもいいほどの精緻な作業。大島紬
は2度の織りを経て出来上がるのであります

私も恥ずかしながら、イマイチこの部分は理解
出来ておりません。
 なお勉強してゆきたいものです。



紬の店 きもの大長 へ