私どもの扱う着物・帯とは?         きもの大長


1:仕立上がりの染織工芸品
 
  染織品として価値があるりユースの着物・帯を
 解き洗いをし販売、または裏地を新たに付け替えたりして
  呉服専門店の目線で見て、十分納得できる物だけを
 販売いたしております。



 昨今の「染織工芸品」の値段は職人さん、作家さんの手間賃につき、
 「よい物=高価」となっているのはしょうがないと思いますが、
 いざ着物を着る方にとっては難しい問題です。
 私どもは様々な方法で、真面目な加工の良い着物と帯を収集し、
 きちんと手入れ・再生をし、皆様に提供しております。

 価格面では、通常反物価格より70%〜80% オフの値段で提供できます。

 昭和50年〜60年頃の染織工芸品を、綺麗に解き洗いし、再生し再び皆さまに
  ご覧いただき、販売いたしております。   仕立て上がり着物ギャラリー   洗い張りをすると


 
2:店主創作品

 当店主はどこで習ったわけでも無いのですが、着物や帯を自分で染めます。
職人の修業を積んだわけではないので、京友禅の「糸目」や「柔らか物の無地染め」等は
職人さんにお任せしておりますが、型絵染めや手描き、紬地への無地染め、金彩などは
自分でこなしてしまいます。
 お客さんへストレートに思いを伝えられる作品創り、やはりシンプルで生地を生かした、
柄付けはご好評いただいております。  染色工程など掲載中!きもの大長ブログ 


3:誂え呉服
 
  問屋さんやメーカーより仕入れる着物・帯もありますが、生地を吟味し、図案や・色の選定を行い

 店主のイメージで創る着物・帯たち。



 
シンプルなのが好き!!


私どもが提供する着物は素材、色を吟味し、お召しになる方が主役になれる着物を

理想とし、創作、誂え、仕入れをしております。

 

 

 紬がとっても好き!


真綿紬のザックリした風合い、結城紬の手紡ぎ糸のほっこりした暖かさがとっても好きです。

また生地に織り上げるまでの長い長い工程を経て糸と糸が織り成す絣文様の力強さと深い味わい。
こうした紬が大好きで、皆さまに販売させて頂いております。

きもの大長で「染める」又は「誂える」染物は、シンプルでシックで且つモダン。

 紬の感性で染められた深い味わいの着物たち。

 

 


 


紬の店 きもの大長TOPへ

 

 

 

araihari.htmlへのリンク